バナナの情報総合サイト「バナナ大学」

カラダ創る、アタマ育む。カラダ創る、アタマ育む。

MENU

バナナビューティカロリーとは

近年、必要以上に食事制限をせまるダイエットブームが続いています。
でも、それって本当に女性を幸せにしているのか?
きれいになるために頑張る女性たちを、バナナはそのビューティーカロリーでおいしくヘルスサポートしたい。
ダイエットプレッシャーからの解放を。

バナナには、食べたものを脂肪として蓄えないよう、エネルギーに変換させるためのビタミンB群を始め、美容や健康に欠かせない、体に嬉しい働きのある栄養素が豊富に含まれています。

そんなバナナ(1本)には腸内フローラ値がみかんの2.4倍、ストレス耐性値はいちじくの5.4倍、基礎代謝値はリンゴの13.5倍、美肌値はプルーンの4倍、アンチエイジング値はグレープフルーツの2倍という栄養素がそれぞれ含まれています。

しかも1本(100g)あたり86kcal。ダイエット中の方や忙しくて欠食しがちな方など、食事が偏っていると、つい不足しがちな栄養素が手軽に摂れることもバナナの魅力の1つです。
[監修:管理栄養士・望月 理恵子さん]

バナナは調理法や組合せ食材でビューティーカロリー値がさらにアップ!

バナナそのものでもビューティーカロリーは十分にありますが、色々な栄養素との
相乗効果で、エイジングケアや基礎代謝UPなどの効果が期待できます。

ヨーグルトやチーズなどの発酵食品と
一緒に食べるとさらに効果アップが期待!

詳細を読む

キウイやレモンと一緒に食べることで
さらに効果アップが期待!

詳細を読む

豆乳などの大豆製品と一緒に食べることで
さらに効果アップが期待!

詳細を読む

ミニトマトやラズベリーなどと
一緒に食べることでさらに効果アップが期待!

詳細を読む

一緒に色の濃い野菜や果物を摂ることで
さらに効果アップが期待!

詳細を読む

バナナは皮を剥けばそのまま食べられる、手軽な食べ物です。切ってサラダやヨーグルトに混ぜたり、パンケーキに入れて焼いたり、凍らせてアイスとして食べたり、色々アレンジもできるオールマイティ美食材です。
味わいもお腹も、身体全部が満足する楽しい美ライフを送れるよう、ビューティーカロリー値を指標として、1日1本を目安にバナナ生活を始めて見ましょう!