バナナの情報総合サイト「バナナ大学」

カラダ創る、アタマ育む。カラダ創る、アタマ育む。

MENU

毎日プラス、カラダにプラス! +バナナ 熟度3段活用

  • バナナの色の変化

  • オールグリーン
  • ライトグリーン
  • ハーフグリーン
  • ハーフイエロー
  • グリーンチップ
  • フルイエロー
  • スター
  • ダップル
  • 5~8は食べごろバナナナ
バナナの色の変化

バナナ大学附属小学校 クレイアニメでもバナナのエネルギー補充効果を紹介中!

vol.3
「マッチョ」
~+バナナで ムキッ~

バナナ大学附属小学校

クレイアニメでもバナナのエネルギー補充効果を紹介中!

vol.3
「マッチョ」
~+バナナで ムキッ~

アスリートを支えるバナナ。

“サッと効いて、ジワジワ続き、ゆっくり持続する”バナナはアスリートにおススメの食品 - エネルギーに変わりやすく即効性と持続性があるサッと効いて、ジワジワ続き、ゆっくり持続する”バナナはアスリートにおススメの食品 - エネルギーに変わりやすく即効性と持続性がある

バナナには、消化されやすい単糖類のブドウ糖や果糖から、徐々に消化される少糖類のショ糖やオリゴ糖、さらに消化されにくい多糖類の食物繊維やデンプン、難消化性デンプンといった多様な糖質(炭水化物)が含まれています。これらの糖質は、その種類によってエネルギーに変わる速さが異なるため、バナナは、即効性と持続性に優れた食品といえます。つまり運動開始前にバナナを摂ることで単糖類から速やかにエネルギーを補充でき、運動中も少糖類や多糖類からエネルギーが供給されるというわけです。

さらに、バナナと一緒にレモンやオレンジなどを摂ると、それらに含まれるクエン酸の効果によって体内のグリコーゲンの蓄積を促しスタミナアップが期待できます。

【バナナに含まれる糖質(炭水化物)】
単糖類、少糖類、多糖類をすべて含有し、それらを一度に摂れることが、「バナナはアスリートに嬉しい食品」といわれるゆえんです!
【バナナに含まれる糖質(炭水化物)】

アスリートにお馴染みのBCAAも豊富アスリートにお馴染みのBCAAも豊富

バナナは、アスリートにお馴染みのBCAA(branched-chain amino acids・分枝鎖アミノ酸)も豊富に含んでいます。BCAAは、必須アミノ酸バリン、ロイシン、イソロイシンの総称で、筋肉のエネルギー源となる唯一の必須アミノ酸です。BCAAには、筋タンパク質の合成を促進するなどして、激しい運動による筋肉の損傷を防ぐ効果も期待できます。

筋肉のケイレンを防ぐカリウムが豊富筋肉のケイレンを防ぐカリウムが豊富

バナナには、筋肉の機能を調整しケイレンを防ぐカリウムも豊富に含まれていますので、運動前に摂ることで、筋肉パフォーマンス低下を抑制したりケガから身を守る効果が期待できます。カリウムには、血圧降下作用があることも知られています。

疲れにくく体調を維持疲れにくく体調を維持

炭水化物を効果的に燃やしてエネルギーに変えるためのビタミンB群はバランス良く多めに含まれています。
運動で代謝が活発になると、大量の汗と共にビタミンやミネラルも急激に失われてしまいます。これらが不足すると体力低下や疲れやすくなったりする等、さまざまな体調不良の原因になることが懸念されます。それを補うにはビタミンB群、カリウム、マグネシウムといったミネラルを豊富に含むバナナが効果的です。

その他、消化に良い、カロリーが少ない、携帯に便利といったメリットもその他、消化に良い、カロリーが少ない、携帯に便利といったメリットも

バナナは消化にも良く、胃腸にかける負担が比較的少ないこともありがたいメリットです。カロリーが低いため、ウエイトコントロールをしたいアスリートにもおススメです。手軽に持ち運べ、簡単に食べられるため、毎日の食事やスポーツシーンにバナナを取り入れ第一線で活躍するアスリートもいます。

【監修】
有限責任事業組合 ABC コンサルティング 代表
首都大学東京 名誉教授 農学博士 東 直樹

1966(昭和41)年東京大学農学部農芸化学科卒。サントリー株式会社研究部部長、首都大学東京大学院人間健康科学研究科教授などを経て現職。食品等の機能性研究・評価、医薬・食品等の開発指導、講演、執筆等で活躍中。 書籍『知るほど、なるほど、バナナのチカラ!!』(2010年2月白馬書店/著者:山吉久雄)も監修。