「糖質」に関する記事が19件あります

  1. 栄養成分比較表

    バナナは食物繊維だけじゃないんです。バナナ、みかん、りんご、いちご、普段何気なく食べている果物にどの

  2. エネルギー

    低カロリーで低脂肪 栄養バランスがよい食品

  3. 糖質

    種類の違う糖質の時間差消化で腹持ちがいい

  4. ビタミン

    ビタミンB1は 糖からエネルギーを得るために働く水溶性ビタミンの1つで、中枢神経および末梢神経の機

  5. 脂肪燃焼作用

    バナナにはビタミンB1、B2、ナイアシン(B3)、B6、葉酸など脂肪の燃焼を促進するビタミンB類が

  6. アタマのエネルギー源

    血糖値の安定やウエイトコントロールのために1日3食の食事を規則正しく摂ること、なかでも朝食には、

  7. 便秘に関する調査 便秘対策にうってつけなのはバナナだった

    女性の社会進出が進む中で、女性は身体的にも精神的にも、今までに直面していなかったような辛さと向き合っ

  8. 夏の終わりにやってくる ”夏バテ

    秋の気配を感じ過ごしやすくなってきました。 夏の疲れも出るころで、食欲がなくな

  9. 便秘外来の専門医に聞く!「ホットバナナ」と便秘の関係

    毎年、冬が近づくにつれて、当クリニック・便秘外来は1日3名限定ですが、その患者数も増えていきます。

  10. 青めバナナとは?

    食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維の2種類があります。

  11. 黄色バナナとは?

    バナナの植物学、バナナの貿易学、バナナの歴史からバナナの保存方法に至るまで、バナナについて知っておき

  12. 朝のバナナ+ヨーグルト 栄養ベストマッチ

    “脂肪燃焼成分”をほどよく含む

  13. アスリートを支えるバナナ。

    “サッと効いて、ジワジワ続き、ゆっくり持続する”バナナはアスリートにおススメの食品 - エネルギーに

  14. バナナの熟度健康機能について

    バナナ(生食用)は、輸入直後の全体緑から熟成ホルモンのエチレン処理により急激に熟成が進み、8段階の熟

  15. 実は知られていなかった!? 熟度によるバナナの効能

    本年で8回目の調査となる『バナナ・果物消費動向調査』。今回は、バナナの食用実態や購入実態について消費

  16. 「バナナの日」記念 美肌に関する調査

    8月7日は、日本バナナ輸入組合が定める“バナナの日”です。健康によいバナナを食べて、暑い夏を元気に乗

  17. 女性のダイエットに関する調査

    女性にとって、いつの時代も最大の関心事の一つとして挙げられるのが「ダイエット」です。ダイエットは「食

  18. なぜ夜食べて痩せらるのか

    松生クリニック院長 医学博士 松生恒夫(まついけ つねお)先生

  19. バナナ・果物消費動向調査

    77%の人は知らなかったバナナで若返り バナナ・果物消費動向調査